REVELATION

やる気ナシな不良主婦が時々ラルクにやる気出すとこういう方向にいってしまうの例

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラウマとはよく言うけれど…

久しぶりにデカく凹んでますです。

ここ一年近くわりと楽しい時にしか日記書かなくなってた
から、ココの趣旨とちょっと違ってて書きたくない内容
なんだけど、なんか誰にも言えんくてねー。。。
吐いちゃいたい。
けど、見たくない人もいるだろうから、独り言的に
追記の方に書いておきます。

ちなみにエイプリルフールで騙されて凹んでるわけじゃないよw


よく人は「○○がトラウマになっててできないの」とか
言うけど、お医者様曰く、トラウマとはかなり潜在意識下
にあるものらしいです。
当然、「昔犬に噛まれたから犬が嫌い」というのを
トラウマと呼ぶバカ(失礼)はいないと思うけど。
でもわりとよく使われる言葉だね。
ストレスって言葉も然り。
今となってはごく一般的な言葉になっているんだろうから
何とも言えないけど、安易に使うというか、変に便利な言葉に
なってしまったもんだと思ってしまうのは事実。

私にはトラウマらしいトラウマは今までなかったけど、
しいて言うなら記憶がないくらい幼い頃にエビのしっぽが
喉に引っかかって、窒息死しそうになったところを母が
逆さ吊りにして指突っ込んで吐かせて以来、理由もなく
エビを食べなくなったって話くらい(笑
潜在的に「エビ=恐怖」ってのがあったのかもしれないと
親は言ってたけど、それがトラウマだと言い張れば
ちょっと笑い話的すぎて一部の人に怒られるかもしれない(笑


最近の私は、トラウマとはちょっと違うけど、時々思い出して
とてつもない絶望感に苛まれることがあるんだな・・・
このブログを親が見ていないと信じて書くわけだけど、
鬱になって1年くらいで、一度親に勘当されかけたんだよね。
毎日体も頭もダルくて何もできずにダラダラ生きてたわけ
だけど、医者に言わせると「家族のサポートが一番大事」
とのことでまるっきり親に寄りかかって生活してて。
まぁ、親は裏切らないって信用してたからなんだけど、
やっぱり色々と世話焼いてくれると自分でできないこと
全部やってくれるんだ〜って安心感が大きくなって
我がままな状態になるじゃない?
パニック起こしたら助けてくれるのは親しかいないと
思ってるから、そういう時に母親が携帯鳴らしても全く
出てくれなくて、しまいに「誰か。誰か〜!!!」と思って
仕事中の父親に電話してしまったり。
そういうことを繰り返してるうちに親も我慢できなくなった
みたいで、ある頃から家族がめちゃくちゃ険悪なムードに
なって両親はこっそり計画を立ててたみたいで。
私のやってることは全部ただの我がままだ。
私を勘当して、こんな人間を育ててしまった親として
責任をとって2人は離婚するって。
「お前がいなければ良かったのに」って言われた。
逆に家族がこうなった責任を取れとまで言われた。
胸ぐらを掴まれてめちゃくちゃ殴られて本気で失禁
しそうになったし、動けなくて口もきけなかった。
今後両親の信頼を取り戻したいなら、二度と「死にたい」
とか「わからない」とか「できない」とか言わないことを
その場で約束させられて土下座までした。
でもそれまで一切家事ができなかった私が頑張って皮を
むいた果物を父親っはまるで汚い物でも見るような目で見て
絶対に食べようともせずに、自分の食べる分は母親にやらせてた。
こっちが相手を信頼できないような行動とるなら
相手に自分を信頼させることなんてできないよね。

幼い頃からの虐待でPTSDになる人もたくさんいるけど、
私の場合これに関してはなんの診断も下されてないんだよね。
病気がひどくて毎日消えてしまいたいと思ってた頃の記憶
はほとんどなくなったけど、突然思い出してしまうのは
この時の出来事だけ。
『思い出す』ってことはトラウマではないからなのかな。
ただ単に「嫌な記憶」であるだけで。

今まさに思い出してる最中。しかも3日目。
こういう時って解決してくれるのは時間だけなんだよね・・・

スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://satzmatz7806.blog16.fc2.com/tb.php/198-79e45e19

記憶の鍵・・・9才のトラウマ

私は飛行機やヘリが大好きです。 海外旅行に行くと、遊覧飛行が大好きで、よくやりま...

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。